民事保全法 司法書士合格大作戦

司法書士合格大作戦は司法書士試験に独学で合格する作戦を伝授致します。

ホーム > カテゴリー - 民事保全法

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

仮差押えと仮処分の比較

みなさん、こんにちわ

司法書士補助者兼当ブログ管理人のキョンキョンです

今日は仮差押えと仮処分の比較をしましょ

仮差押えや仮処分を横断的に聞かれると迷ってしまう事ってありますよね

ですから今日は比較してやっちゃお~っと思った訳です

では、行きましょ

〈問題〉
仮差押えは、係争物の現状の変更により債権者の権利の実行が不能または著しく困難になるときに発する事ができるが、仮の地位を定める仮処分は、債権者に生ずる著しい損害または急迫の危険を避けるために仮処分を必要とするときに発する事ができる。


どうでしょうか?
スポンサーサイト
[ 2009/10/17 11:48 ] 民事保全法 | TB(0) | CM(3)

司法書士 民事保全法

みなさん、こんばんわ。

司法書士補助者兼管理人のキョンキョンです。

今日は民事保全法です。

では行きましょう。

「問題」
仮差押の場合、必ず解放金額定めなければならない。

どうでしょうか?


正解は・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

[ 2009/01/10 17:39 ] 民事保全法 | トラックバック(-) | コメント(-)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。