司法書士合格大作戦

司法書士合格大作戦は司法書士試験に独学で合格する作戦を伝授致します。

ホーム > アーカイブ - 2008年04月

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

記述式過去問の必要性

みなさん、こんにちわ。

管理人のキョンキョンです。

今日からゴールデンウィーク の方も多いのではないでしょうか?

しかし受験生の人はもう少しで本試験です。

気を引き締めていきましょう(@_@;)

今日は過去問記述式の必要性です。

択一対策で過去問を使用しない人は皆無ですが、

記述対策で過去問をやっていない方って

ケッコー多いと思いますよ。

理由は簡単!意味がないと思われているからです。

でも、私はやった方がいいと思っています。

理由は2つ。

1つは出題実績を知るため。
もう1つは本試験特有の言い回しを知るためです。

1つ目は字の如く択一同様重要論点は繰り返し聞かれるということ。

1つ目も重要ですが2つ目はもっと重要です!!!!はい。

本試験特有の言い回しを知るため

このことについてお話していきたいと思います。

スポンサーサイト
[ 2008/04/26 17:38 ] 質問についての回答 | TB(0) | CM(4)

記述の過去問は・・・・・?

みなさん、こんにちわ。

司法書士補助者兼管理人のキョンキョンです。

も少しでゴールデンウィーク です。

予定は立てられましたか?(勉強のですよ笑)

あっ!!みなさん、もう受験申請書はもらってきましたよね

まだと言う方はこちらから確認できますよ(@^^)/~~~

平成20年度司法書士試験受験案内

今日は記述式過去問の必要性を述べようと思ったのですが・・・・・・・・

予定が入ってしまいまた今度にします(●^o^●)

ではっ(V)o¥o(V)
[ 2008/04/21 10:50 ] 勉強計画 | TB(0) | CM(10)

択一、記述どちらを重視するか?

みなさん、こんばんわ。

管理人のキョンキョンです。

今回のテーマは択一と記述どちらを重視するか?です。

まずは、下記の平成18年と平成19年の足切り点数をご覧ください。


〖平成18年〗
午前の部 81点
午後の部 75点
記述問題 31.5点
合計    187.5点

〖平成19年〗
午前の部 84点
午後の部 84点
記述問題 30点
合計    198点

※上記点数は足切り点数ですので合格点数ではありません。


そしてそれぞれの合格点数は

平成18年→202.5点
平成19年→211.5点

となっています。

合格点数から足切り点数を引くと

平成18年→15点
平成19年→13.5点

ということになりますね。

ということは足切り点数より10点~15点以上を

択一か記述で稼がなくてはいけないことになります。

そして今回のテーマの登場です。
[ 2008/04/19 21:49 ] 管理人の独り言 | TB(0) | CM(5)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。