過去問 抵当権 司法書士合格大作戦

司法書士合格大作戦は司法書士試験に独学で合格する作戦を伝授致します。

ホーム > スポンサー広告 > 過去問 抵当権ホーム > 民法 担保物権 > 過去問 抵当権

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

過去問 抵当権

みなさん、こんにちわ。

管理人のキョンキョンです。

早速問題に行きましょう(^◇^)


(問)建物に設定された抵当権は抵当権実行における
差押の前後を問わず、建物賃借人の支払う賃料に及ぶ。

どうでしょうか?????????


正解は・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


×です。

使用収益権は設定者が有するのが抵当権です。

ここが、不動産質権との違いですね。

ですが、債権の不履行があればそのあとに生じた

果実のにも抵当権の効力が及びます。

よろしいですか?

今回は以上です。

スポンサーサイト
[ 2008/04/15 14:36 ] 民法 担保物権 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。