質問についての回答 司法書士合格大作戦

司法書士合格大作戦は司法書士試験に独学で合格する作戦を伝授致します。

ホーム > スポンサー広告 > 質問についての回答ホーム > 質問についての回答 > 質問についての回答

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

質問についての回答

みなさん、こんにちわ。管理人のキョンキョンです。

ロイヤーさんからの質問についてです。

取締役会と特別取締役会が混乱しているようですよ(@^^)/~~~

確かに似ていることは多い。

でもそれを区別してインプットしなければなりませんよ~~~。

昨日の質問についてですが

招集通知を定款によって短縮できるのは取締役会ですよ。

特別取締役会も短縮可能ですが定款では不可です。

この場合取締役会で短縮することになりますね\(◎o◎)/!

これは委員会と一緒です。

特別取締役会と委員会はほとんど似ています。

というか一緒です(笑)

招集権者の不可や決議要件の加重方法・決議省略の不可等・・・・

ちなみに取締役会・特別取締役会・委員会では決議要件を加重することはできますが

軽減することはできません。これは基礎知識だと思います。

そして監査役会は軽減のみならず加重もできません。

各会は非常に似ていますが、ちゃんと区別しましょうね。

先日の議決権不統一行使の質問といい今回の質問といい

非常に鋭いっすね~~~~(●^o^●)

また分からないことがあれば質問下さいね。

以上です。
スポンサーサイト
[ 2008/04/12 15:04 ] 質問についての回答 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。