憲法 統治 横断整理 司法書士合格大作戦

司法書士合格大作戦は司法書士試験に独学で合格する作戦を伝授致します。

ホーム > スポンサー広告 > 憲法 統治 横断整理ホーム > 横断知識 > 憲法 統治 横断整理

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

憲法 統治 横断整理

おはようございます。

司法書士補助者兼管理人のキョンキョンです。

前回お話しましたが、憲法人権編は学説の出題が主流になっています。

ですから、今回から統治に入っていきます。

まず、国会から。

衆議院の優越からいきましょう。
衆議院の優越には

1、法律案の議決
2、予算議決
3、条約の承認
4、内閣総理大臣の指名

がありますが、このうち両院協議会が必要的になるのは2,3,4です。

しかし、それぞれ不要になる場合はありますよ。

例えば、予算の議決だとしたら、参議院が衆議院の可決した予算を受け取った後

30日以内に議決しない場合は衆議院の議決を国会の議決とするので

両院協議会は不要です。

ちなみに、法律案は他の優越事項とことなり、

衆議院の議決を国会の議決とするのではなく

衆議院による再議決になります。

そして、衆議院に先議権が認めれるのは2。

これ位が分かっていれば問題ないと思います。

今日は以上です。


スポンサーサイト
[ 2008/10/02 07:31 ] 横断知識 | トラックバック(-) | コメント(-)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。