刑法 責任能力 司法書士合格大作戦

司法書士合格大作戦は司法書士試験に独学で合格する作戦を伝授致します。

ホーム > スポンサー広告 > 刑法 責任能力ホーム > 刑法 > 刑法 責任能力

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

刑法 責任能力

みなさん、こんにちわ。

司法書士補助者兼管理人のキョンキョンです。

今日は責任能力についてです。

心身喪失者と心身耗弱者というのは何が違うのでしょう?

簡単にいいますと・・・・・・・・・・

心身喪失者というのは是非弁別能力又は制御能力がない者。

心身耗弱者は、是非弁別能力又は制御能力が著しく不十分。

心身喪失者は犯罪不成立ですが、心身耗弱者は必要的減刑。

ちなみにですが、他に必要的減刑、免除に該当するものどれくらいご存知ですか?

司法書士試験では重要になってきますよ~~★

例えば、中止犯とか幇助犯とかも必要的減刑です。

ここで中止犯が出てきたので簡単に言っておきますが

みなさんは、中止犯と障害未遂の見分け方知っていますか?

中止犯というのは自分の意思で中止することです。(簡単に言いすぎかな(笑))

中止犯と障害未遂は両方とも未遂犯ですよね?

ですから、こんな風に言う事が出来ると思います。

中止犯→やろうとすればできたがやらなかった。

障害未遂→やろうとしたができなかった。

自分の意思でやらなかったのが中止犯。

外部的障害でできなかったのが障害未遂。

宜しいでしょうか?

過去問にも出題されていますから挑戦してみてください。

今日は以上です。


スポンサーサイト
[ 2008/09/22 08:06 ] 刑法 | トラックバック(-) | コメント(-)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。