民事訴訟 証拠調べ 司法書士合格大作戦

司法書士合格大作戦は司法書士試験に独学で合格する作戦を伝授致します。

ホーム > スポンサー広告 > 民事訴訟 証拠調べホーム > 民事訴訟法 > 民事訴訟 証拠調べ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

民事訴訟 証拠調べ

みなさん、こんばんわ。

司法書士補助者兼管理人のキョンキョンです。

今日は証拠調べについてです。

平成11年の過去問をピックアップしました。

ではどうぞ★

〖問題〗
当事者尋問は裁判所が職権でできる。

どうでしょうか??????

正解は・・・・・・・・・・・・・・・

○です。

証拠調べに限らず職権でされないのが原則です。当然ですね!

申し立てもしていないのに勝手にされることはないのが原則です。(2回いいましたよ(笑))

申し立てもしていないのに証人尋問が始まるはずがないでしょ(*^_^*)

でも中には例外があって裁判所が職権でできることがあるんですね。

その1つとして今回の当事者尋問です。

他にどんなのがあるかといますと・・・・・・

調査の嘱託とか係属中の証拠保全とかあります。

もう1度いいますが、職権でされること自体が例外なんですよ★

ですから、例外は少ないですから覚えてしまいましょう。

平成元年に証人尋問を職権でできるかという問題が出題されましたが、当然×です。

いいでしょうか。

今回は以上です。

スポンサーサイト
[ 2008/11/18 12:39 ] 民事訴訟法 | トラックバック(-) | コメント(-)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。