司法書士試験概要 司法書士合格大作戦

司法書士合格大作戦は司法書士試験に独学で合格する作戦を伝授致します。

ホーム > スポンサー広告 > 司法書士試験概要ホーム > 司法書士について > 司法書士試験概要

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

司法書士試験概要

受験資格
年齢、性別、学歴等に関係なく誰でも受験できる。

筆記試験詳細
1、午前の部、午後の部からなる。
2、午前の部は多肢択一式問題35問、午後の部は多肢択一式
  35問と記述式問題2問を出題する。
●多肢択一式(憲法、刑法、民法、商法・会社法、不動産登記法、商業登記法、
 民事訴訟法、民事執行法、民事保全法、供託法、司法書士法)
 ・・・・・・5つの選択肢の中から1つの正解を選ぶ方式
●記述式(不動産登記法、商業登記法)・・・・・・登記申請書の作成に関するもの。
3、午前の部択一、午後の部択一、記述がそれぞれ基準点に達しない場合、
  それだけで不合格となる。

口述試験詳細
1、筆記試験の科目(不動産登記法、商業登記法、司法書士法)等、
  司法書士業務を行うのに必要な知識を問う。
2、2人の試験官が口頭で回答を求める。受験時間15分弱
スポンサーサイト
[ 2007/12/02 08:13 ] 司法書士について | トラックバック(-) | コメント(-)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。