商業登記法 添付書面 司法書士合格大作戦

司法書士合格大作戦は司法書士試験に独学で合格する作戦を伝授致します。

ホーム > スポンサー広告 > 商業登記法 添付書面ホーム > 商業登記法 > 商業登記法 添付書面

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

商業登記法 添付書面

おはようございます

司法書士補助者兼当ブログ管理人のキョンキョンです

朝の冷え込みはもう秋です

体調管理をしっかりして下さいね

インフルエンザも流行っていますから注意が必要ですね

私のお世話になっている事務所ではマスク装着が義務になっています

みなさんも対策を立てましょう☆

さて、今日は商業登記法からです

こんな問題はどうでしょうか


〈問題〉
持分会社の業務執行社員が清算人になる場合、定款を添付する必要はない。


どうでしょうか?


正解は×ですね。

持分会社は株式会社と異なり、定款を添付する場合と添付しない場合があります。

添付する場合は…
1、定款の定め
2、法定清算人

この2つです。

では、株式会社では?

全ての場合で定款添付です

では、就任承諾書の添付の要否は

これは株式会社、持分会社共通で…

1、定款の定め
2、総会決議

の場合のみ就任承諾書添付です。

就任承諾書の添付の問題は持分会社、株式会社共通なのでいいと思いますが、定款は異なりますので注意してください。

要は、監査役会があるかないかです

いいでしょうか?

今回はこれくらいにしましょ

お疲れ様でした
スポンサーサイト
[ 2009/09/19 12:20 ] 商業登記法 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。