元本確定時期 司法書士合格大作戦

司法書士合格大作戦は司法書士試験に独学で合格する作戦を伝授致します。

ホーム > スポンサー広告 > 元本確定時期ホーム > 民法 担保物権 > 元本確定時期

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

元本確定時期

おはようございます

司法書士補助者兼当ブログ管理人のキョンキョンです

朝と夜の冷え込みが厳しくなってきました

体調管理はしっかりしてくださいね

今回は司法書士試験の最重要論点であります根抵当。

そして、今回は確定事由ではなく確定時期についてです。

では行きましょか~


〈問題〉
次に掲げる確定事由について、確定時期はいつか?

1、確定期日の到来

2、根抵当権者からの確定請求

3、設定者からの確定請求

4、根抵当権者が抵当不動産に競売等の申し立てをしたとき

5、根抵当権者に合併が生じた場合の、設定者からの確定請求

6、債務者に相続が開始し、六ヶ月以内に合意登記をしなかった場合


どうでしょうか?
では正解です。

1は期日到来時。

2は請求時。

3は請求から2週間経過時。

4は申し立て時。

5は合併時。

6は相続開始時。

代表的なものを今回はピックアップしましたが、他にも重要なものがありますから、しっかり確認してくださいね。

それと民法398条関係は暗記するほど読み込んで下さいね。

それだけ重要です。

今回は民法ですが、こんな問題どうでしょう?


〈問題〉
次に掲げる確定事由について、元本確定登記は必要か?


1、確定期日の到来

2、根抵当権者からの確定請求

3、設定者からの確定請求

4、根抵当権者が抵当不動産に競売等の申し立てをしたとき

5、根抵当権者に合併が生じた場合の、設定者からの確定請求

6、債務者に相続が開始し、六ヶ月以内に合意登記をしなかった場合


これは不動産登記の問題です。

過去にも出題されています。

では正解です。

1は不要。

2は必要。

3は必要。

4は不要。

5は必要。

6は不要。

いいでしょうか?

キーポイントは客観的に確定したことが確実か否かということ。

明らかであれば登記を要求しなくてもいいでしょ

いいでしょうか
スポンサーサイト
[ 2009/10/04 11:55 ] 民法 担保物権 | TB(0) | CM(2)
このコメントは管理人のみ閲覧できます
[ 2009/10/08 11:53 ] [ 編集 ]
お初でございます。
いつも楽しく見させて貰ってます。
最近勉強を初めまして分からないことがあったら質問させてください。
宜しくです。
[ 2009/10/08 02:25 ] [ 編集 ]
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。