抗告手続きの比較 司法書士合格大作戦

司法書士合格大作戦は司法書士試験に独学で合格する作戦を伝授致します。

ホーム > スポンサー広告 > 抗告手続きの比較ホーム > 横断知識 > 抗告手続きの比較

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

抗告手続きの比較

みなさん、こんにちわ(^o^)/

司法書士補助者兼当ブログ管理人のキョンキョンです

今日新聞を見ていたら、なっ・な・なんと…

GReeeeN解散報道が…

真相は分かりませんが、びっくりです

私はGReeeeNの曲が大好きなのでできるなら続けて頂きたいです☆

では話を戻しましょうか。

みなさん、試験に向けて勉強は進んでいるでしょうか?

手を広げすぎず足元をしっかり見てください

くどいほど言いますが重要なのは基礎知識です。

たしかに司法書士試験は難関試験ですが、聞かれていることは基本的なものが多いはずです。

ですので、徹底した基礎知識の習得に心掛けてください

今日は各種抗告の比較をしましょ

〈問題〉
即時抗告、保全抗告、執行抗告は原裁判所に申し立てる。


どうでしょうか?
正解は○です。

これは簡単だったでしょうかね

〈問題〉
即時抗告、保全抗告、執行抗告は再度の考案が認められる。

どうでしょうか?

正解は×です。

再度の考案というのは簡単に言うと、裁判所に考え直す機会をを与えることですが、保全抗告までに充分考える機会を与えているから、再度の考案というのはないんですね。

いいですねo(^-^)o

では次。

〈問題〉
即時抗告、保全抗告、執行抗告には執行停止の効力がある。

どうでしょ?

正解はこれも×です。

抗告の中でも原則、即時抗告だけ執行停止の効力があります。

これは必ず覚えておいてくださいね

では最後。

〈問題〉
即時抗告、保全抗告、執行抗告は裁判の送達を受けた日から1週間内にする必要がある。

これはどうです?

これは全部×です。

即時抗告・執行抗告共に告知から1週間内ですし、保全抗告は送達から2週間内です。

これも必ず記憶しておいてくださいね

他にも許可抗告とか特別抗告とかありますが、司法書士試験には不要かなと思います。

今日はこれくらいにしましょう

お疲れ様でした☆
スポンサーサイト
[ 2009/11/06 09:22 ] 横断知識 | TB(0) | CM(3)
管理人のみ閲覧可能さん。

ごめんなさい

もう少し時間を下さいませっ!

ちょっと考えさせてください。

勇太郎さん。

メルマガの件ですが、もし勇太郎さんの欲しい論点のメルマガを私が書いていたら、言っていただければ差し上げますよ

気軽に言ってくださいね☆
[ 2009/11/14 09:10 ] [ 編集 ]
このコメントは管理人のみ閲覧できます
[ 2009/11/08 22:08 ] [ 編集 ]
ど~も!キョンキョンさん。勇太郎っす。先日はメ~ルありがとうございましたね。自分なりにまとめてみて何とか理解できそうです。それからもう1つ。
勇太郎は最近メルマガ登録したんですが、過去のメルマガ見せてもらえないんですかね?
お願いしま~す♪
[ 2009/11/06 12:18 ] [ 編集 ]
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。