憲法の定数 司法書士合格大作戦

司法書士合格大作戦は司法書士試験に独学で合格する作戦を伝授致します。

ホーム > スポンサー広告 > 憲法の定数ホーム > 憲法 > 憲法の定数

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

憲法の定数

皆さん、こんにちは
司法書士補助者兼当ブログ管理人のキョンキョンです。
今日は憲法に登場する定数についてです。
色々出てきますよね
3分の1とか4分の1とか、出席議員なのか総議員なのか…。
時間が経つと結構混乱してしまうものです。
ですので今日は総整理をしちゃいましょ(^O^)

《問題》
次の()内に正しい語句又は数字を当てはめて下さいね。
臨時会は、いずれかの議院の(1)の(2)以上の要求があれば、内閣はその召集を決定しなければならない。

どうでしょうか?
正解
1、総議員
2、4分の1

今回は定数の総整理なので臨時会の説明はしませんよ

臨時会の召集決定をするのは、内閣というのは基本知識だと思います。

では次。

《問題》
両議院は各々その(1)の(2)以上の出席がなければ、議事を開き議決することができない。

(3)の(4)以上の要求があれば、各議員の表決は、これを会議録に記載しなければならない。

()内に正しい語句又は数字を当てはめてみて下さいね。

正解
1、総議員
2、3分の1
3、出席議員
4、5分の1

他にも秘密会や除名処分、資格争訴決議等ありますが大体、出席議員の3分の2が多いです。

皆さん各自で表などを作成して整理をしてみて下さいね。
スポンサーサイト
[ 2010/08/10 10:01 ] 憲法 | TB(0) | CM(2)
このコメントは管理者の承認待ちです
[ 2010/08/11 13:13 ] [ 編集 ]
このコメントは管理人のみ閲覧できます
[ 2010/01/28 08:42 ] [ 編集 ]
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。