民法 時効 司法書士合格大作戦

司法書士合格大作戦は司法書士試験に独学で合格する作戦を伝授致します。

ホーム > スポンサー広告 > 民法 時効ホーム > 民法 総則編 > 民法 時効

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

民法 時効

司法書士補助者兼管理人のキョンキョンです。

早速、問題に行きましょう\(◎o◎)/!



(問)所有権に基づく妨害排除請求権は
時効により消滅しないが、占有保持の訴えは
妨害が消滅した時から1年を経過した場合、
提起することができない。

どうでしょうか?
正解は○です。

所有権は消滅時効にかからないので

妨害排除請求権も消滅しません。

占有保持の訴えは妨害消滅後1年以内に

提起しなければなりません。(201Ⅰ)

ですから○ということになります。

今日は以上です。

ありがとうございました。

スポンサーサイト
[ 2008/01/08 06:16 ] 民法 総則編 | トラックバック(-) | コメント(-)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。