民法 代理人の横断知識 司法書士合格大作戦

司法書士合格大作戦は司法書士試験に独学で合格する作戦を伝授致します。

ホーム > スポンサー広告 > 民法 代理人の横断知識ホーム > 横断知識 > 民法 代理人の横断知識

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

民法 代理人の横断知識

みなさん、こんにちわ。

司法書士補助者兼管理人のキョンキョンです。

今日は任意代理人と法定代理人の横断知識を1つ。

復任権・責任をまとめてみました。( ^^) _旦~~

 任意代理人法定代理人
復任    権       

原則:なし

例外:本人の許諾又はやむを得ない事由がある時

原則:あり

例外:遺言執行者はやむを得ない事由がある時(民1016)

代理人の責任

原則:選任監督につき責任を負う

例外:本人の指名による場合には、不適任・不誠実を知りながら本人に対して通知せず解任にしなかった場合、責任を負う。

原則:無過失責任

例外:やむを得ない事由により選任した場合には、選任監督について過失責任を負う。



代理は重要な論点ですから、

今一度確認しておきましょう(@^^)/~~~

代理権消滅の横断知識も合わせて確認しておいてください。

今日は以上です。

スポンサーサイト
[ 2008/01/09 06:31 ] 横断知識 | トラックバック(-) | コメント(-)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。