不動産登記法の面白いお話 司法書士合格大作戦

司法書士合格大作戦は司法書士試験に独学で合格する作戦を伝授致します。

ホーム > スポンサー広告 > 不動産登記法の面白いお話ホーム > 面白いお話 > 不動産登記法の面白いお話

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

不動産登記法の面白いお話

司法書士補助者兼管理人のキョンキョンです。

今日はちょっと面白い話を少々。

不動産登記法関連のお話なのですが・・・・・

司法書士甲さんの所にBさんから相続登記の相談がありました。

Bさんのご主人のAさんが亡くなったとの事。

Bさんには胎児が存在しました。

そして司法書士甲は次のような申請情報を作成しました。(一部省略です)



相続人(被相続人A)
    持分2分の1 B
       2分の1 亡A妻B胎児


あとは出生を待って登記名義人表示変更登記をすればOKです。

数ヶ月後、Bさんから連絡が入りなんと・・・・・・・・・・・・・・・・・

双子との事\(◎o◎)/!\(◎o◎)/!\(◎o◎)/!

ここで問題です。

上記相続登記を司法書士甲はどのように直すべきなのでしょうか?

司法書士試験に出されることはまず考えられませんが

気分転換に考えてみてください。







正解は更正登記をするのですが、

更生後の事項  相続人(被相続人A)
           持分4分の2 B
              4分の1 亡A妻B胎児乙
              4分の1 亡A妻B胎児丙

と更生した後所有権登記名義人表示変更登記を申請します。

私も聞いた話なので知りませんでしたが

不動産登記って面白いな~~~~~って思いました(●^o^●)

以上です。
      
スポンサーサイト
[ 2008/01/17 15:58 ] 面白いお話 | トラックバック(-) | CM(2)
グロッキーさん、はじめまして。力になれることがあれば力になりたいと思います。不動産登記は先例が多いですからくじけずに頑張ってください。不動産登記は民法が終わった後に掲載する予定です。試験で一番重要なのは民法ですからね(@^^)/~~~ですから民法が終わるまでお付き合いください。
[ 2008/01/19 10:17 ] [ 編集 ]
お初です!分からないことがたくさんあるのでこれからお世話になります!不動産登記法は難しいですよね。択一が全然分からなくてかなり苦しんでます!それとキョンキョンさんのブログは民法だけしか紹介されていませんが、不動産登記法等はやらないのですか?横断知識の図表は参考にさせてもらいま~~~す
[ 2008/01/18 12:40 ] [ 編集 ]
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。