教え子の質問 司法書士合格大作戦

司法書士合格大作戦は司法書士試験に独学で合格する作戦を伝授致します。

ホーム > スポンサー広告 > 教え子の質問ホーム > 管理人の独り言 > 教え子の質問

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

教え子の質問

司法書士補助者兼管理人のキョンキョンです。

昨日、1つ質問を受けたんです・・・・・・・・・。

『学説問題に対策は必要なんですか?』と・・・・・・

どうでしょうか????????

私は学説対策は必要ないと考えています。

学説は国語の問題だと思っているからです。

でも基礎は必要だと思いますよ。

例えば、受領遅滞の法的性質に

法定責任説と債務不履行説がありますが、

どちらの学説が債権者に受領義務があるか?

判例はどちらの説をとるのか?

などは当然知っておくべきですが、

それは勉強をしていれば覚えなければならないことで、

それ以上のことを学説対策として

しなければならないとは思いません。

先程述べたとおり国語的な問題がほとんどですから

そんなに気にすることもないかと思います。

そんな流れで民法の学説問題を

紹介しようと思ったのですが

友人と約束があるので(笑)

次回にしますね。

それでは、失礼します。
スポンサーサイト
[ 2008/01/22 20:42 ] 管理人の独り言 | トラックバック(-) | CM(0)
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。