物権の消滅 司法書士合格大作戦

司法書士合格大作戦は司法書士試験に独学で合格する作戦を伝授致します。

ホーム > スポンサー広告 > 物権の消滅ホーム > 民法 物権編 > 物権の消滅

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

物権の消滅

みなさん、こんばんわ。

司法書士補助者兼管理人のキョンキョンです。(●^o^●)

ほんと最近寒くて凍えそうです(@_@;)

でも頑張っていきましょう!!!!!

問題をご覧ください↓  ↓


(問)債務者が債権者を相続した場合であっても債務者が
限定承認をすれば、その債権は混同により消滅しない。


どうでしょうか????????????????

正解は○です。

原則は債権債務が同一人に帰した場合は消滅しますが、

限定承認がされた場合は消滅しません。

相続人や相続債権者、相続人の債権者等の

利益を保護するためです。

なんか、説明が分かりにくくなってしまいましたが

許して下さい\(◎o◎)/!\(◎o◎)/!

前に司法書士試験と他の国家試験との比較の記事で書きましたが

司法書士試験は難関です。

難関だからこそ私が紹介するような

基礎知識で解ける問題や基礎力を重視して欲しいと思います。

今日は以上です。





スポンサーサイト
[ 2008/02/06 22:39 ] 民法 物権編 | トラックバック(-) | CM(0)
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。