過去問 占有 司法書士合格大作戦

司法書士合格大作戦は司法書士試験に独学で合格する作戦を伝授致します。

ホーム > スポンサー広告 > 過去問 占有ホーム > 民法 物権編 > 過去問 占有

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

過去問 占有

管理人のキョンキョンです。

今日から占有に入りま~~~す。

物権編の中でもかなり重要な論点になりますね!

とりあえず最初は占有訴権についての

過去問をピックアップしたいと思います(^◇^)


(問)Aがその所有する自転車をBに寄託している場合、Bが第三者C
に対してその自転車を賃貸した後、Cがそれが自己のものであると
主張するに至ったときでもAはCに対して占有回収の訴えを
提起することができない。


どうでしょうか?




正解は・・・・・・・・・・・・(●^o^●)
○です。

賃借人が自己のものであると主張しても

占有を奪われたとは言えないので

占有回収の訴えは提起できません。

よろしいですか?

今回はいきなり占有訴権に入ってしまったので

次回は占有の訴えについて

図表にまとめてみたいと思います(^◇^)

今日は以上です。

ありがとうございました。
スポンサーサイト
[ 2008/02/07 22:47 ] 民法 物権編 | トラックバック(-) | CM(0)
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。