過去問 明認方法 司法書士合格大作戦

司法書士合格大作戦は司法書士試験に独学で合格する作戦を伝授致します。

ホーム > スポンサー広告 > 過去問 明認方法ホーム > 民法 物権編 > 過去問 明認方法

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

過去問 明認方法

みなさん、こんばんわ。

司法書士補助者兼管理人のキョンキョンです。

早速、問題行きましょ~~~(-。-)y-゜゜゜


(問)BがA所有の甲土地上に無権限で立木を植栽した場合、
AはBに対し、当該立木を収去して甲土地を明渡すように請求できる。


正解は・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・(@^^)/~~~

これだ~~~~~~~

正解は×です。

無権利者が植栽していますから立木の所有権は

土地に付合するものとして土地所有者に帰属します。

ですからAはBに対して立木収去を請求することはできません。

ここで補足ですが、

立木の対抗要件のお話を少々(●^o^●)

立木のみの対抗要件は明認方法ですが

土地+立木な場合は登記なので、この場合は

立木についての明認方法は不要ですので

注意して下さいね\(◎o◎)/!

スポンサーサイト
[ 2008/02/12 18:39 ] 民法 物権編 | トラックバック(-) | CM(0)
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。