過去問 民法 占有一般 司法書士合格大作戦

司法書士合格大作戦は司法書士試験に独学で合格する作戦を伝授致します。

ホーム > スポンサー広告 > 過去問 民法 占有一般ホーム > 民法 物権編 > 過去問 民法 占有一般

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

過去問 民法 占有一般

みなさん、こんばんわ。管理人のきょんきょんです。

前回は会社法でしたね\(◎o◎)/!

今回は民法に戻りましょう!!!


(問)意思無能力者は、法定代理人によって物の占有を取得できるが
物を自ら所持することによっては占有を取得できない。


どうでしょうか?

正解は・・・・・・・・・・・・・・



○です。

占有権は自己のためにする意思が必要ですから

意思無能力者は占有を取得できません。

よろしいですか?

占有権の成立要件は

①所持
②自己のためにする意思

の2つが必要なので

上記設問は②を欠くことになります。

ですから○ということになります。

今日は以上です。
スポンサーサイト
[ 2008/02/14 19:05 ] 民法 物権編 | トラックバック(-) | CM(0)
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。