民法 即時取得 司法書士合格大作戦

司法書士合格大作戦は司法書士試験に独学で合格する作戦を伝授致します。

ホーム > スポンサー広告 > 民法 即時取得ホーム > 民法 物権編 > 民法 即時取得

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

民法 即時取得

みなさん、こんにちわ。

司法書士補助者兼管理人のキョンキョンです。

今日も早速、問題に行きましょう(^◇^)


(問)
伐採業者乙から丙に引き渡すように依頼されて
材木の引き渡しを受けた甲が、そのあと乙に対し
自己のために占有する意思表示をした場合に
甲に即時取得は成立するか?


どうでしょうか?

↓  ↓  ↓

正解は成立しません。

即時取得が成立するためには

所有権その他物権の取得を目的とする

取引行為により占有を取得しなければなりません。

設問の甲と乙は準委任契約ですから

即時取得は成立しませんね。

今日は以上です\(◎o◎)/!



スポンサーサイト
[ 2008/02/19 09:36 ] 民法 物権編 | トラックバック(-) | CM(2)
ロブさん、はじめまして(●^o^●)
最初は覚えては忘れ、忘れては覚えの繰り返しですよね。
嫌になったりしますが諦めないで頑張ってください。
またいらしてくださいね(*^_^*)
[ 2008/02/23 00:54 ] [ 編集 ]
キョンキョンさん はじめまして!
受験生のロブと申します。
数ヶ月前まで民法勉強してたんですが、
早速問題解けませんでした。
なんか復習のキッカケになりそうです。
そんなわけで思わずコメントを・・・
ではまた!
[ 2008/02/19 22:32 ] [ 編集 ]
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。