直前期3ヵ月間の過ごし方 司法書士合格大作戦

司法書士合格大作戦は司法書士試験に独学で合格する作戦を伝授致します。

ホーム > スポンサー広告 > 直前期3ヵ月間の過ごし方ホーム > 勉強計画 > 直前期3ヵ月間の過ごし方

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

直前期3ヵ月間の過ごし方

みなさん、こんばんわ。

管理人のキョンキョンです。

今日は直前期3ヵ月間の過ごし方についてです。

私の考えは直前期3ヵ月は新しい知識は頭に入れるべきではないと思っています。

いままでの知識が不安定になり自信をなくす可能性があるからです。

公開模試などで関連事項で知らなかったことは

記憶するべきですが

まったく自分が知らなかったことを

直前期3ヵ月から頭に詰め込むのは危険です。

友人からの質問の記事でも書きましたが、

直前3ヵ月に自分の知らない分野を発見したとしても

それを必死に最初から覚えるより

いままで記憶したことを直前期3ヵ月は

総仕上げするほうがよっぽど重要だと思います。

ですからインプットするのは3月まで位にして

それからは今までやったことを総仕上げするのがいいと思います。

直前期3ヵ月の過ごし方で

その年の合格者が決まると言われていますよね?

私がよく某スクールの先生から聞くのは

ある年の合格者も直前期3ヵ月の勉強方法が

違っていたら合格者の半分は変わってしまうだろうということでした。

ですからみなさんも、

上手に勉強計画を立てて

今年の合格を勝ち取ってください。

今日は以上です。
スポンサーサイト
[ 2008/02/15 19:16 ] 勉強計画 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。