地上権と賃借権 司法書士合格大作戦

司法書士合格大作戦は司法書士試験に独学で合格する作戦を伝授致します。

ホーム > スポンサー広告 > 地上権と賃借権ホーム > 横断知識 > 地上権と賃借権

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

地上権と賃借権

みなさん、こんばんわ。

司法書士補助者兼管理人のキョンキョンです。

今日は地上権と賃借権の横断知識の整理です。

こんな感じにまとめてみましたが、どうでしょうか(●^o^●)

↓    ↓    ↓    ↓    ↓    ↓    ↓




地上権と賃借権の比較

 地上権賃借権
所有者の義務消極的義務積極的義務
登記請求権の有無あり特約がない限りなし
妨害排除請求権あり対抗要件を備えればあり

期間の定めがない場合の放棄・解約

いつでも放棄OK.。但し地代を払う場合1年前の予告か、1年分の地代を払わなければならない。

いつでも解約の申入れができる。

期間制限なし最長20年
譲渡性制限なし賃貸人の承諾必要

 

こんな感じでどうでしょうか?

 

そして、上記の図表に借地権などを加えるのもいいかもしれませんね。

 

借地権なら例えば

 

期間は30年となり

 

譲渡性は裁判所による承諾に代わる許可でもOK   etc

 

みたいなかんじですね\(◎o◎)/!

 

自分なりに上記の表に書き足していってくださいね。

 

今日は以上です。

 

 

スポンサーサイト
[ 2008/03/14 20:10 ] 横断知識 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。