書籍紹介 オートマチックシステム 司法書士合格大作戦

司法書士合格大作戦は司法書士試験に独学で合格する作戦を伝授致します。

ホーム > スポンサー広告 > 書籍紹介 オートマチックシステムホーム > 書籍紹介 > 書籍紹介 オートマチックシステム

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

書籍紹介 オートマチックシステム

今日は早稲田セミナー講師の山本先生の書籍を紹介します。

私も家の近くの書店に行き見させてもらいましたが

とてもわかりやすく記憶しやすいと思いました。

説明だけでなく

『なぜ、そうなのか?』
『どうして、そうなるのか?』

等をきちんと理解することができると思います。

まだ、民法しか見ていないので

刑法等も見たいと思います(●^o^●)


『説明文抜粋』
本書では、法律的なコトバを、いったん身近な用語に置き換え、著述が進むごとに本来の正確な定義に至るような工夫をしていきます。
この点は、初学者にとっても最も合理的な学習法であるだけではなく、従来型の学習法を採用した受験者にとっても、あいまいであった民法の全体像がくっきりと浮かび上がるという効果として現れます。
本書の著述は、他の基本書には存在しない内容であり著者の独創による方法論です。いうまでもなく、司法書士試験合格の基本は民法の理解にありますが、本書はもっとも正鵠にその急所を射抜くことになるでしょう。

民法1 基本編・総則
民法2 物権・担保物権
民法3 債権・親族・相続
憲法
刑法
供託法・司法書士法


スポンサーサイト
[ 2008/02/13 07:47 ] 書籍紹介 | TB(1) | CM(0)
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
この記事のトラックバックURL
http://hide000.blog70.fc2.com/tb.php/86-cf4f3af7

オートマチックシステム供託法・司法書士法―司法書士

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。