過去問 質権 司法書士合格大作戦

司法書士合格大作戦は司法書士試験に独学で合格する作戦を伝授致します。

ホーム > スポンサー広告 > 過去問 質権ホーム > 民法 担保物権 > 過去問 質権

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

過去問 質権

みなさん、こんばんわ。

司法書士補助者兼管理人のキョンキョンです。

早速問題に行きましょう ↓ ↓


(問)質物は質権者に対し、占有改定の方法で
引き渡すことができる。


○か×か?

正解は・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・



×です。

344条の引渡しは占有改定は含みません。

条文そのままの問題です。

ちなみに、即時取得も占有改定では成立しませんでしたね(●^o^●)

占有改定の意味を忘れてしまった方は

確認しておいてくださいね\(◎o◎)/!

今日は以上です。

スポンサーサイト
[ 2008/04/02 23:58 ] 民法 担保物権 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。