過去問 抵当権 司法書士合格大作戦

司法書士合格大作戦は司法書士試験に独学で合格する作戦を伝授致します。

ホーム > スポンサー広告 > 過去問 抵当権ホーム > 民法 担保物権 > 過去問 抵当権

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

過去問 抵当権

みなさん、こんばんわ。

司法書士補助者兼管理人のキョンキョンです。

今日から抵当権です。

ものすごく重要です。

根抵当権との関係でも重要になってきます。

では、参りましょう。


(問)元本及び弁済期日までの利息の全額を被担保債権として
抵当権を設定することができる。

どうでしょうか・


正解は・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


○です。

利息全部について抵当権を設定することは制限されていません。

利息が最後の2年分に制限されるのは

第三者がいる場合であることと混乱しないでくださいね\(◎o◎)/!

今日は以上です。

スポンサーサイト
[ 2008/04/04 00:05 ] 民法 担保物権 | TB(0) | CM(2)
たろーさん、はじめまして。
コメントありがとうございます(●^o^●)
メール見ていただけましたでしょうか???
過去問はできるだけ早く解いた方がいいと思いますよ。

基本書を読んでいるなかで自分がインプットした知識が
どのような形に変え問題として出題されるか知るためです。

私は細かい編が終わったら過去問をやっていました。

例えば制限行為能力者が終了したら制限行為能力者の過去問を解く・・・
時効が終了したら時効の過去問を解く・・・・・

できるだけ早く過去問に触れた方がいいと思いますが、
問題が解けないと言って自信をなくさないでくださいね。

過去問は字の如く過去の本試験問題ですから
初学者の方が簡単に解けるほど簡単ではありません。


ですから最初は気楽に読書的にとらえてもいいかもしれません。

また何か分からないことがあれば気楽に連絡下さいね(●^o^●)
[ 2008/04/11 21:49 ] [ 編集 ]
キョンキョンさん、初めまして、たろーです。独学で勉強を始めたのですが、過去問はどの程度勉強が進んだ段階からとき始めればいいのでしょう。何も知らずに過去問をとくのも無謀とおもったので、今は取り合えず、テキスト(『プログレス』)を読み進めています。
[ 2008/04/04 00:25 ] [ 編集 ]
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。